高級輸入自動車の鈑金塗装・車両修理工場
関東運輸局長認証自動車分解整備事業工場
アメーバブログ
facebook
無料見積り受付中

ボディフィルムBody film

PPFの施工目的は『外的な要素』からフィルムを貼ることで可能な限りボディを守ることです。 その目的は同じでも、外的な要素は『飛び石』や『10円パンチなどのいたずら』、『ネコの爪痕』、『鳥のフン』、『荷物の積下ろし』など様々です。これらキズからボディを守るためにフィルムでボディを覆います。 しかしキズからボディを守るだけではPPFとして機能しません。
それは貼ってあることがわからない透明度、お手入れのしやすさ、剥がれない接着力、高い収縮性にフィルムそのものの強度、曲面への施工性など多くの課題をクリアする品質が要求されるのです。
それらを高いレベルで両立させることができるフィルム、そして高い完成度を実現する施工道具、インストーラー(施工者)。全てが存在してはじめて『良いPPF』として存在できるのです。

PPFはアメリカで誕生しました。
その起源はカーナビゲーションや携帯電話と同様に軍用で、ヘリコプターや戦闘機のキャノピー(搭乗座席窓)やプロペラなどの保護が目的でした。
その後、自動車への転用が始まりましたが当初の製品は透明度や曲面への施工、サイズなど多くの難点があり自動車用として普及はしていませんでした。しかし2000年代に入り、自動車用のマーケット拡大のために自動車用としての製品開発が始まり、今ではアメリカを中心に10社程度のフィルム製造メーカーがビジネスを行っています。

ボディをフィルムで覆う『PPF』で使用するフィルムは、「ポリウレタン」と言う素材を基材に作られています。このポリウレタンは非常に柔軟性が高く、硬化しにくいためにボディを保護すると言う点において非常に優れています。

「PPF」は非常に柔軟性があり、わかりやすい例えをするなら「ゴム」です。受けた衝撃を拡散・吸収して傷つくのを防ぎます。
この柔軟性は時間が経過してもあまり変化がなく、PPFは数年後でも柔らかく柔軟性に富んでいます。

この柔軟性がある素材ゆえに複雑な曲面で構成されているボディに最小限の分割のみを行った1枚のフィルムで施工する事ができるのです。

現在、Yes!PPFでは通常のボディ用透明フィルムに加え、質感をガラリとかえつつも保護性能を併せ持つ「STEALTH(ステルス)」、そしてヘッドライト用などさまざまなフィルムを取り扱っています。

サポートサービス

代車無料

引取無料サービス有

提携レンタカー有

洗車返却(車内外)

修理ローンOK

クレジットカードOK